☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

土用干しをすると梅干は柔らかくなるか

土用干しをすると梅干は柔らかくなるか

天日での乾燥と夜露の湿気を繰り返すことで果肉の中の繊維質に変化をもたらすことが期待できる。と何処かに書かれていました。そうかもしれないけど、実感としてはあまり関係無さそうです。1年間もそういうことをやればふにゃふにゃが期待できるけど3日3晩程度では如何でしょうか。気持ちの問題程度でしょうか。

柔らかさに対して決定的なの調達した梅そのものの柔らかさです。青ウメでは先ず難しい。黄色からオレンジ色に熟したウメなら期待できる。黄色でも固いものもあります。熟しすぎて最初からふにゃふにゃした梅なら柔らかい梅干になりますが、好みの程度問題でしょう。

最近の市販の梅は薄塩で柔らかいものが多いですが、多分、特殊な製法なんでしょう。この手で良ければ市販品で十分。手作りの意味がありませんね?

大きい黄色い梅を買って、呼吸の出来る容器(紙袋)に入れ常温で2,3日熟成させる。匂い(香り)と柔らかさを見て、漬け込みに入る。この段階の固さ(柔らかさ)が最も重要。