☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

梅酢漬け:ミョウガ(冥加)

梅酢漬け:ミョウガ(冥加)

ミョウガは結構灰汁が強いです。その味を好むかどうかで手間は変わります。

一番表の皮を捨ててもいいし、2時間ほど冷水に漬けてもいいし、熱湯を回しかけてもいい。この全部をやっても、一つもやらなくても特に問題はない。

水気を拭いて、半日ぐらい風干し。天日干しでもいい。

梅酢に漬ける。浸る程度。梅酢の量を節約する時はポリ袋で。空気は良く追い出す。

ミョウガを半分に切れば漬物の美学は失うが早く処理できる。

どの道、漬かりやすいので翌日の夕方には食べることが出来る。らしい。



浅漬けはあまり悩まない。2日程でさっさと食べるだけですから。長期保存版が問題です。

1)切らない。
2)乾かす。と言って程度問題。やはり半日~1日。
3)空気を入れない。カビ対策です。
4)漬け込み期間中も冷蔵庫を使う。冷暗所ではまだ不安。
5)1週間から10日ほどで引き上げて消毒した保存容器に移す。
6)梅酢の原液を少量振りかけ、冷蔵庫に保管。半年以内を目処に消費する。
7)食べる時に適当にカットする。そのまま食べても良い。