☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

練り梅を作る


練り梅を作る

練り梅

練り梅にも色々あるようだ。面白い。ジャムに近いと思っていたらスティック状のものまで。面白いね。これは自分で作ってみる価値がありそうだ。

練り梅の作り方

いろいろなバージョンがある。主婦の数だけあるでは足りなくて主婦の気分の数だけあるといったほうが良いだろう。

要は、梅干しの果肉を練ってペースト状にすればいいだけの話。しかし、バリエーションと来たら、まったくキリがありません。

  1. 梅干しの塩抜きのやり方・加減。水に漬けて一晩、お湯に入れて1~2時間置く、10分前後煮てしまう、など。
  2. 加える糖分の種類(どんな砂糖か、蜂蜜か)・量・タイミング。
  3. 出汁などを入れるか、種類と量、タイミング。
  4. 火の通し方
  5. 練(ねり)の方法・加減。果肉を全く残さないか、少し食感を残すために刻んだものを加えるか。柔らかさはとろっとしたドレッシングに近いものを目指すか、ドライフルーツのような半固形を目指すか。
  6. 赤シソの刻んだものを入れるか。赤シソは梅干しに使ったもの。
  7. 味を落ち着かせるためにみりんを入れるか。同様に日本酒を入れるか。
作り方ではないが、保存は常温か冷蔵庫か。あるいは、消費期限をどれくらいに設定するか。なども手作りする人にはこだわりが出てきます。