☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

梅シロップの梅ジャム(修正レシピ)


梅シロップの梅ジャム(修正レシピ)

時間を掛けないで作ったが満足度が低い。出来損ないを作ってしまったようだ。反省を踏まえてレシピを修正する。


  1. 梅シロップで使った梅をカットして表皮と種を分けてから煮ると効率は良いが、味は悪くなる印象だ。むしろ、たっぷりの水でゆっくり時間を掛けて煮るほうが良い。無理やり混ぜて形を崩す必要も無い。急がば回れ。灰汁が出るなら取り除く。
  2. お湯を捨てる。梅エキスの出たお湯を捨てるのは残念だが捨ててしまおう。
  3. 梅を取り出してヘラでつぶして種を取り除く。
  4. 裏ごしする。計量する。仮に500グラムとする。
  5. 水100グラム(100ミリL)、砂糖400グラムを用意する。ピュアに拘る向きは水は不要。
  6. 鍋に裏ごしした果肉(500グラム)と水2分の1(50グラム)と砂糖2分の1(200グラム)を入れて弱火で煮る。
  7. しっとりしてきたら一度火を止めて、残りの水と砂糖を入れる。
  8. 再び弱火でかき混ぜながら煮る。煮詰める感じにならないように。焦がさないように。
  9. 焦がさないためには、大きな鍋にお湯を入れてその上で煮る(湯煎)。ピュアに拘る場合は水を入れないので、最初から湯煎方式が安心だ。
  10. 砂糖はグラニュー糖(や氷砂糖が癖がなくて果実風味をダイレクトに楽しめる。甜菜糖、黍糖、黒糖などはミネラルなど独特の風味があるのでユニークな味わいが期待できる。蜂蜜も利用も良いでしょう。