☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

今年の反省(2013秋)


今年の反省(2013秋)

梅仕事。今年は手を広げてクオリティを落したような気がする。

梅醤油は500グラムで十分。

カリカリ梅は最初からそんなに好きじゃないから作る意味も無かった。もうやめた。

梅酒と梅干しだけで十分だ。

梅シロップも甘いだけで、量的には少なくてよい。梅酒のソーダー割で代用できるだろうか?これは無理だな。これお1キログラムで十分。糖分(グラニュー糖か氷砂糖を砕いたもの)は少なめにして最初から冷蔵庫で作ること。蜂蜜の味はいやらしいので少なめに入れる。空気を遮断できる程度。

梅ジャム。リサイクル発想のものは有効活用のように見えて結局全体が無駄。使いまわしで美味しいものができる訳がない。変わった味のものが出来るだけだ。梅ジャム作るなら完熟梅からしっかり作る。結構、すっぱいので、量は少なくすること。1キログラムで十分だろう。

蜂蜜漬け。必要なし。相当研究しないとお菓子には出来ないね。

梅味噌。止めよう。もてあますに違いない。

2013/09/26