☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

大人が美味しい究極の梅シロップを手作りする


大人が美味しい究極の梅シロップを手作りする

そんなこと素人に出来る訳がない。でも何かやってみないことにはチャンスはない。

凄いテーマだね。ここで大人は女性ではなく男性です。自炊料理で日ごろ訓練している女性にはなんでもないことが男性には難しいので、其の分、本物本質だけのシンプルが基本的なアプローチになります。

甘いだけのシロップは酒に弱い人に譲りましょう。ここでは大人の男性がすっと飲めるシロップを目指します。

<塾梅バージョン>

完熟梅を使います。サイズは2L3L。大きいほどいいです。完熟梅を購入しても、青梅を購入して追熟させてもいいです。追熟は紙袋に入れて2、3日間ほどおけば黄色く色づいて芳香を放つようになります。

梅は洗って、下手を取り除きます。下手の周りに汚れが蓄積されているので丁寧に作業。

水を切って乾燥させ、焼酎かブランデーを噴霧して殺菌して置きます。

熱湯消毒済みのボトルを用意します。ボトルは空気が入り込まないように量に見合ったコンパクトなものを選択します。

ボトルに梅を入れます。

ロックシュガーを入れます。普通のシロップは梅と同量ですが、大人バージョンは半量または3分の1程度と少なくします。好みで量を増やしたり砂糖の種類を変えてもいいでしょう。

ブランデーを入れます。ブランデーの量は梅の3分の1程度。好みで量を変えたり、焼酎を使ってもいいでしょう。焼酎のにおいを気にする人はブランデーを使う。

砂糖が溶けるまでは梅が空気に触れるので冷蔵庫に保管します。冷蔵庫が使えないときは冷暗所。発酵して泡を吹いていないか時々チェックします。

砂糖が溶けて液体の中に梅が沈む(浮く)ようになったら冷暗所に保管します。ずっと冷蔵庫においても構いません。

保存期間、熟成期間は好みで。夏に漬け込むのでクリスマスとか正月辺りから健康飲料のつもりで飲み始めてもいいです。1年置いて翌年の梅雨時から飲み始めてもいいでしょう。せっかく完熟梅を使うのですから1年漬けを狙うのが良さそうです。

飲みたくなったら、ろ過して他のボトルに移します。残った梅はジャムとか菓子の材料に利用できますが、男は何も出来ませんからとりあえず冷凍室で保存?。

後は、ストレート、水割り、ソーダー水割などで楽しみます。ヨーグルトとかかき氷とかに掛けてもいいでしょう。ひたすら消費します。



<青梅バージョン>

熟梅は熟成に拘りますが、青梅はスピードが大事です。手順は熟梅と同じですが以下に注意します。
  1. 青梅を使う。
  2. ロックシュガーは予め砕いておくか、ペレット上の小粒のものを使う。あるいは粗目状、粉状の砂糖を使う。
  3. ブランデーよりホワイトリカーの方が相性が良さそう。少量入れる。 梅の5%~10%程度。
  4. 漬け込んだら毎日ボトルを動かして砂糖が溶け切るのを早める。
  5. 梅の変化(しわしわになる程度)が感じられなくなったら漬け込み終了。2週間~1ヶ月。
  6. ろ過して飲み始めます。
(青梅バージョン邪道の追加)
  1. 青梅バージョンは速成狙いで、熟成は目指さないので、邪道も成立します。
  2. 一晩~2時間ほど青梅を凍らせて利用する。凍らすと組織破壊が進みやすい。
  3. 同様に、直接物理的に破壊する。フォークで穴を開ける。穴は表面に軽くあけるだけで十分。深い穴は不要。
  4. 軽く穴を開けてから凍らせるのは邪道の極み。
  5. 邪道は青梅バージョンのすっきり感を幾分阻害するはずです。罪の意識も手伝ってあまり美味しく感じません。酒に弱い人が楽しむならアルコールの量は微量~10分の1くらいに抑えておきます。