☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

.2013-06-18-梅酒(焼酎)

画像と記事は直接関係ありません

/梅酒(2013-06-18)

《マテリアル》 

(2013-06-18)
  • 梅:南高梅・青梅
  • サイズ:3L
  • 重量:3キログラム
  • 入手日:2013-06-18 (発注日は2013-06-12
  • 入手先:通販(三ツ星や楽天市場店)
  • コスト:5キログラム3500円程度の3キログラムだから、2000円程度。
「コメント」
  1. 梅のサイズは3Lだが小さいものも混じっている。硬い青梅。梅の顔はあまり綺麗でない。通販はこんなものか。
《関連調達》 

(2013-06-18)
  • 氷砂糖:馬印の大粒ロックシュガー 1キログラム。500円くらい?。
  • ホワイトリカー(ホワイトタカラ) 3パック。
  • ボトル:4リットルサイズ、2本。約800円×2=1600円くらい。
「コメント」

  1. 梅酒はボトル2本で作る。サイズを大きくするといろいろ扱いに困る。

《ワーク&ステータス》

(2013-06-18)
  • 青梅の灰汁抜き。冷水4時間。
  • ヘタ取り
  • ボトル消毒
  • ボトルに梅を1.5キログラムずつ入れる。
  • ホワイトリカーを1パック(1.8リットル)ずつ入れる。
  • 冷暗所(パントリー)に保管。
「コメント」
  1. 4リットルボトルではホワイトリカーを3リットル(2.7リットル)を入れるのは難しい。
  2. 砂糖はまだ入れない。

(2013-06-19)

「コメント」
  1. 梅が茶色に変色。
(2013-06-21)
  • 氷砂糖を2つのボトルに500グラムずつ追加。梅の上に氷砂糖を置いただけ。
「コメント」
  1. 常温でやっているので、カビには神経質になる。梅の量に対してホワイトリカーが少ないので、砂糖を入れて雑菌の浸入リスクを軽減する。
(2013-06-22)

「コメント」
  1. 氷砂糖はほぼ溶けている。

(2013-06-25)
  • ホワイトリカー500ミリリットル追加。

「コメント」
  1. ボトルいっぱいにホワイトリカーを入れた。空気の追い出しと梅重量とのバランス。結局、梅1.5キロに対してホワイトリカー2.3リットル、氷砂糖500グラムを入れたことになる。2つのボトルとも同じ処理。
  2. 後思案すると氷砂糖250グラムを追加するかどうか。味見をしてからだな。

(2013-07-10)
  1. 特に変化なし。そのままパントリー保管継続。

(2013-10-20)
  1. 久しぶりに眺めてみたら、梅が下のほうに沈んでいる。今までは上に浮いていたはずだ。写真を撮っておかないとこの辺は分からない。少なくとも初期は氷砂糖の溶ける様子が見えていたから梅は浮いていた。
  2. 液体の色は透明感がやや弱くなっている。この辺は少し心配。
-

2014-10-02


  1. 久しぶりに眺める。途中でもたまにい眺めたが特に変化なし。透明感が弱くなり梅は緑色のくすんだ感じだ。透かして見ると液体の中にもやもやとエキスの動きが見える。抽出はまだ続いているのかもしれない。