☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

梅酒のレシピ・バリエーション



梅酒のレシピ・バリエーション



梅の種類/品種:
  • 白加賀、豊後、南高、・・・。
梅のサイズ:
  • S カリカリ梅サイズ。
  • M、L、2L、3L、4L、5L。
梅の熟度:
  • 青梅、半熟、完熟。
梅の量/ロットサイズ:
  • 500グラム(2リットルボトル)
  • 1キログラム(3リットルボトル)
  • 1.5キログラム(4リットルボトル)
  • 2キログラム(5リットルボトル)
  • これ以上大きいと扱い困難。
灰汁抜き時間:
  • ゼロ。完熟梅など。
  • 1時間、2時間、4時間、8時間
  • 16時間、24時間。長い時間の灰汁抜きは氷・冷水を利用。
前処理:
  • なし
  • 冷凍(即製タイプ)。
酒の種類:
  • ホワイトリカー、ブランデー、ホワイトラム
  • ジン、ウォッカ、テキーラ、など。
  • 清酒。高度数のものは少ない。
酒の度数/アルコール度数:
  • 35度
  • 40度以上
  • 30度以下。確か法律違反?。くだらん法律ですね。
酒の割合/量:
  • 梅1kgに対して、100%(1.0リットル)、150%(1.5リットル)、200%(2.0リットル)。
糖分の種類:
  • 氷砂糖、グラニュー糖、など純粋系。
  • 黒糖、キビ糖、テンサイ糖、など自然系。
  • ハチミツ、
  • 無糖。入れない。
  • ミックスさせるのは確信犯以外は不適切。
糖分の量:
  • 梅1kgに対して、25%(250グラム)、50%(500グラム)、75%(750グラム)、100%(1キログラム)。
  • 入れない。0%(0グラム)、
糖分の加える時期:
  • 仕込みと同時に全量
  • 仕込みから間を置いて全量
  • 仕込み時に半分、仕込みから間(1週間~1ヶ月)を置いて残りの半分
  • 仕込みから間(1週間~1ヶ月)を置いて半分さらに間(1週間~1ヶ月)を置いて残りの半分
梅を取り出す時期:
  • 仕込み後、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年
  • 取り出さない。
梅取り出し後の詰め替え:
  • 濾過して詰め替え熟成させる
  • 取り出さない/詰め替えない。
  1. 液体が濁っている時は、好みもあるけど濾過して保存したい。
熟成期間
  • 飲み始める時期は仕込みから、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後、2年後、3年後、4年後、5年後。
  • これ以上長期間の熟成は特別な保管環境でもなければ、別のもの(珍しい酢?)になるだろう。
熟成保管場所
  • 冷暗所
  • 冷蔵庫