☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

梅仕分けの流れ

梅仕分けの流れ

調達(購入・収穫)

梅干用(大粒・黄色)・梅酒用(大粒・中粒・青/黄ウメ)・梅ジュース用(無傷・全粒・全色)・梅ジャム用(キズもの)に仕分ける。

(梅干しライン)漬け込み前の不良品→梅ジャム用に仕分ける。
(梅干しライン)漬け込み後の不良品→ゆかりもどきに仕分ける。

(梅酒ライン)漬け込み前の不良品→梅ジャム用
(梅酒ライン)漬け込み後の不良品→梅ジャム用

(梅ジュースライン)漬け込み前の不良品→梅ジャム用
(梅ジュースライン)漬け込み後の不良品・残骸→梅ジャム用


梅ジャム用に出てくる梅が次々あるので、都度ジャムを作るのは手間。量が少なければ冷蔵又は冷凍しておいて後で纏めて。

梅干用:6キロ。梅酒用:6キロ。梅ジュース用:3キロ。梅ジャム用:1キロ。この程度をイメージすると10キロ~20キロ程度が調達量になる。