☆早春には梅花を楽しみ 初夏には梅仕事を楽しみ 秋冬には美味を楽しむ 魔法は梅の力。梅干-梅酒-梅甘水を手作りします。先人の創意工夫と拘りに耳を傾けて千差万別の方法論から自分のお気に入りを見つけましょう。2012/Spring

.2013-06-18-梅シロップ

画像と記事は直接関係ありません

/梅シロップ(2013-06-18)

《マテリアル》 

(2013-06-18)
  • 梅:南高梅・青梅
  • サイズ:3L
  • 重量:1キログラム
  • 入手日:2013-06-18 (発注日は2013-06-12)
  • 入手先:通販(三ツ星や楽天市場店)
  • コスト:5キログラム3500円程度の1キログラムだから、700~800円程度。

「コメント」
  1. 梅のサイズは3Lだが小さいものも混じっている。硬い青梅。梅の顔はあまり綺麗でない。通販はこんなものか。
《関連調達》 

(2013-06-18)
  • 氷砂糖:ばら印 1キログラム。タブレット形状のもの。500円くらい?。
  • ボトル:縦長2リットルサイズ、約600円。

「コメント」
  1. 氷砂糖は果実酒に限っては大粒ロックは不適当。
  2. ボトルは冷蔵庫に立てて入れることが出来るもの。

《ワーク&ステータス》

(2013-06-18)
  • 青梅の灰汁抜き。冷水4時間。
  • ヘタ取り
  • ボトル消毒
  • ボトルに梅を入れ、氷砂糖を入れる。300グラム入れたところでほぼ満杯になる。
  • 冷暗所(パントリー)に保管。

「コメント」
  1. 梅のサイズが大きすぎて縦長ボトルには効率よく入らない。結果氷砂糖も予定量700グラムを入れることが出来なかった。

(2013-06-19)
  • 氷砂糖を300グラム追加。

「コメント」
  1. シロップの出が悪い。
  2. 梅の一部は茶色に変色。
(2013-06-20)
  • 氷砂糖を100グラム追加。
「コメント」
  1. シロップが少し出てきた。前回のロットに比べて遅い。
  2. 梅の一部は茶色に変色。
  3. シロップの部分から泡が出ている。

(2013-06-21)
  • 保管場所を冷蔵庫に移す。

「コメント」
  1. 泡は発酵による炭酸ガスと判明。発酵が進むとシロップでなく只の酢に成りかねない。しかも美味しい酢になるかどうかも分からない。ということで取り敢えず冷蔵庫に移し菌?の動きを止める。

(2013-06-24)
  • 1日数回ボトルを傾けたり回したりしている。
「コメント」
  1. 1日に数回ボトルを動かしているが、なかなか氷砂糖は溶けない。それでも水分が上がってきて約8割の梅は水没状態。水というよりドロドロの砂糖が溶けかかったものにしか見えない。

(2013-06-25)
  • ホワイトリカー100ミリリットル(100cc)を追加する。

「コメント」
  1. 氷砂糖が解けないままでは困るのでホワイトリカーを追加。漸く梅がボトルの中で浮く感じになってきた。梅の一部にしわしわが出てきた。梅の中のエキスが動き始めた様子。
  2. このボトルは重量で見ると梅1キロに対して氷砂糖700グラムと少な目。更にホワイトリカーを100ミリ追加しているので糖分は薄く感じるかもしれない。実際に飲んでみてバランスが悪ければ氷砂糖を追加するのが良いだろう。

(2013-06-27)

「コメント」
  1. 氷砂糖が順調に溶けている。7割は溶けたと思う。梅はシロップの中に浮いている。しわが増えた。色も黄色と茶色になった。100ミリリットルのホワイトリカーを追加した威力は凄まじい。ただ、味がどうなるかは少し心配だ。

(2013-07-09)

  1. 氷砂糖が9割以上溶けている。ボトルの底にぱらぱらと残っている。
  2. 上下・回転させて溶けるのを促す。
  3. 梅はかなりシワシワ感が出てきた。

(2013-07-10 am)

  1. 氷砂糖まだ残っている。回転上下させる。完全に溶けるには後暫く掛かりそうだ。

(2013-07-10 pm)

  1. 二重底鍋にボトル毎入れて低温殺菌。約20分。底にパラパラ残っていた氷砂糖は完全に溶けてくれた。
  2. 液体が熱いまま濾過してボトルに詰める。約1.1リットル。
  3. 冷蔵庫に保管。
  4. 梅はタッパウエアに移す。何れジャムにする。
-

2014年夏

  • 飲料消費完了。美味しくいただきました。